クロノス・ゼン(Cronus Zen)日本語マニュアル

皆さんこんにちは👋​

クロノス・ゼンワールドへようこそ!!

クロノス・ゼンは多機能型のコンバータです。お気に入りのコントローラーで異なるゲーム機に遊ぶことを可能にします🎮 よりゲームを楽しめるため、スクリプトのダウンロードも可能⚙、プレイヤーはお好みで設定してプレイすることができます🎯。また、自由にボタンやスティックの機能を設定したり📄、キーボード・マウスでゲーム機で遊んだり🖱、さらに、コントローラーのほか、お気に入りのレーシングホイールで異なるゲーム機のレースゲームを楽しめることができます🚘。それとも同盟戦モードで世界レベルのプレイヤーと対戦ゲームができます。例えば:Call of Duty世界大会🏆

上記すべての機能はクロノス・ゼンにあります。ほかにどんな機能があるでしょうか?プレイヤーの皆さんが発見してくださいね。

これから大まかな操作説明になります:

製品介紹

クロノス・ゼンの紹介 ー クロノス・ゼンの機能紹介。 Cronus Zen vs CronusMaxー クロノス・ゼンとクロノスマックス、機能の比較

簡単入門

Step 1: Update Firmwareー ファームウェアのバージョンの確認方法およびアップデート

Step 2: Setup Zen Studioー Zen Studioというソフトのダウンロード、インストールおよび設定(Win 10サポート)。MACユーザーはBootcampでインストールできる。

Step 3: Controller Setupー ワイヤコントローラーとワイヤレスコントローラーの基本設定。上級のコントローラー設定はゲーム機システムで紹介します。SYSTEMS

ソフトの紹介

Zen Studio: Zen Studioはクロノス・ゼン専用のソフトです。Zen Studioに介して、クロノス・ゼンの設定・スクリプトのダウンロードや編集などができます。このソフトはスクリプトのLibraryがあるので、スクリプトのダウンロード・編集などの機能(Compiler, Programmer)、クロノス・ゼンのパラメータ設定(Device) 、および最新のお知らせ(News)もあります。Plugins: プラグインスは下記の四つのプラグインソフトを提供します。 1.キーボード・マウスの設定(M&K Settings)、キーボード・マウスのパラメータ設定ができます。 2.ボタン機能変更(MAX Mapper)、コントローラーボタン機能を自由に変更できます。 3.記憶機能(MAX Rec)、コントローラーの操作を記憶し、リプレイできます(Replay)。 4.スクリプトの収集(MAX Combo)、記録した小部分のコントローラーの操作をスクリプトに製作できます。

適用される機種

クロノス・ゼンはほとんどのゲーム機又はパソコンに適用されます。下記を含めます: Xbox One, Playstation 4, Nintendo Switch, Xbox 360, PlayStation 3 及び Windows PC、各ゲーム機のマニュアルにて本体及びコントローラーの連接設定を参考ください。

コントローラー/キーボード・マウス/レーシングホイールの設定

コントローラの設定 - 異なるコントローラーの設定を詳しく紹介: Xbox One, PlayStation 4, Nintendo Switch, Xbox 360, PlayStation 3及びクロノス・ゼンの適用コントローラーリストに含めているコントローラー又は公式認定のコントローラー。 キーボード・マウス - ゲームに相応しく、操作しやすくなるキーボード・マウスの設定を紹介:基本設定の説明詳しい設定の説明(プロのプレイヤー向け)。レーシングホイールRacing Wheels - PlaySation 4でXB360/PS3 Logitech または Fanatec レーシングホイールの使用方法を紹介します。 適用外の装置 - クロノス・ゼンに適用外のコントローラーまたは装置がありましたら公式にの通報方法。クロノス・ゼンのバージョンアップにご協力ください。認証とは?(Authentication) - コントローラーの認証、または認証を導く方法を紹介します。

故障の排除

ファームウェアの修復(Emergency Recovery) - クロノス・ゼンが故障またはフリーズの場合、ファームウェアの修復方法を説明します。 コントローラーの機能テスト - クロノス・ゼンでコントローラーの機能をテストすることができます。 故障の排除Q&A(Troubleshooting) - 故障?と思ったらこちらへ。故障の排除も紹介します。 LCDの表示が遅れる場合の排除(Reduce Display Lag) - LCDの表示が遅れる場合、排除方法を紹介します。